2015年04月

世間ではGW突入のシーズンですが、札幌にて、「コップのフチ子展」「北の猫たち展」「アールヌーヴォーのガラス展」を鑑賞してきました!

「フチ子展」

札幌パルコのギャラリーフロアにて開催中。
fuchiko

入場無料・撮影自由ということもあって客層は老若男女問わず、GWの家族連れも多く大混雑でした。
フチ子といえばガチャポンのオモチャで有名ですが、フチ子展限定ガチャも会場入口に設置されており、通常版シリーズと合わせてつい欲しくなってしまったお客さんでごった返し。
わたしも2回やってしまいました。

「北の猫たち展」

北海道を中心に活動している猫作品の作家によるイベント。
猫グッズショップなのか、展示会なのか、あやふやな見せ方をしているせいか、
撮影禁止と入口に掲げているにも関わらずスマートフォンのカメラで撮影しているお客さんが多いことが気になりました。

「アールヌーヴォーのガラス展」

北海道立近代美術館にて開催中。
glass

美術館ということもあり、当然かもしれませんが、静かで、無断で撮影をするようなお客さんもいなかったです。
展示内容としては、大学の授業や資料で見たことの無かった作品をたくさん知れたのでよかったです。
記憶に残った作品のポストカードやチケットファイルなども入手できました。(チケットファイルは買ってもらった!)

先日ゼミの活動報告でも扱ったのですが、扱う展示内容や会場の環境によって客層の差を感じました。いまさら当たり前のことなのだけれど、最近は特に意識します。

おまけ

アニメ「ラブライブ」の劇場公開記念特設展示も観ました。
lovelive
 
これは「展示会」という雰囲気ではありませんでしたが、設置してある場所がなぜかショッピングモール内の20代後半〜30代の働く女性向けのファッションフロアの一角で、
アニメ「ラブライブ」のファン層が足を運びづらいのでは…?という点が気になりました。
女性ファンが決して少なくない作品ではあるものの、もうちょっと男性が立ち寄りやすい場所の方が観てもらえるようにも思えて、もったいなかったです。
劇場版の衣装がとってもかわいい!

先日ついに、初めてレーザーでシミ消ししました。
image

写真はノーメイクの状態での比較です。
上:レーザー直後
下:現在

2、3日で黒ずんだかさぶたが剥け始めて、目尻の近くのシミは1番先に綺麗に剥がれました。
施術から5日間でこの効果…細かい部分をまたやりたくなる予感がします。

施術前のカウンセリングにてシミの主な原因を聞かれ、
20歳の時に働いていたプール監視員の仕事が原因だと思う、と回答。
「テニスでもやってた?」と先生に言われたので、元テニス部の人の来院が多いのかも。

特にシミはなぜか顔面左側ばかりにできるので鏡を見るたび気になっていたのですが、これで少し気が軽くなりそうです。
下瞼のシミは目が近すぎるので、難しいかな(´・_・`)
眉間にあるシミ?ほくろ?は昔からあって気に入っているので、消さないつもりです。
3年ほど前から肌のコンディションに変化が起こり始めて焦りを感じつつも、高校生の頃からビタミンB・Cのサプリメントは採っていたのでこれさえ続けていれば大丈夫、と思っていた節があります…。
年齢には抗えないのだな。

強めのレーザーを5回照射してもらって、受診料込みで12000円くらい。
思っていたより安い印象です。
今回レーザー治療を受けた病院はこれまでも脱毛でお世話になっているところなので、安心して施術を受けることができました。
迷っている方は是非病院を調べて受診してみてはいかがでしょうか!

このページのトップヘ